重要なお知らせ
ScreenTime Mac版3.2.3のLeopard上での不具合

この問題について新たな検証結果が報告されました
詳しくはこちらをご確認ください。

現行のMac版ScreenTime 3.2.3Jにて作成されたインストーラを実行すると インストーラと同じ階層にあるファイルと、インストーラを内包するフォルダが消える問題が報告されました。 現状この問題への解消策はなく、弊社としてはLeopardを正式サポートする現在ローカライズ中の次期リリースバージョンでこの問題への対応を含むLeopard対応を行う予定です。

現状でのLepardユーザへの対応

インストーラと同じ階層にあるファイルと、インストーラを内包するフォルダが消えるため、
インストーラをそのままzip,sit,hqxなどのアーカイブにされますと、ハードディスク内のデータを消失する可能性がございますので、配布時には必ずインストーラをフォルダに入れた上で圧縮して頂くようお願い致します。この対応により、万一ScreenTimeのインストーラによるバグが起きた場合も、エンドユーザのデータが失われるのを回避します。
ScreenTime3.2.3についてはLeopardへのインストール、セーバーの利用についても正式対応を行っていないため、上記の対応と合わせ、セーバーの配布ページなどでの利用環境の告知、明記を行っていただくようお願い致します。

ScreenTime3.2.3のLeopard上での動作不具合やLeopard対応版のリリース予定などについては、
決定次第順次サイト上で告知致します。
ユーザの皆様にはご不便、お手数をおかけ致しますが、上記ご対応をお願い致します。

Home ScreenTime for Flash SWF Desktop 購入 スクリーンセーバー作成・製作方法 FAQ お問い合わせ 会社情報 プライバシーポリシー