STF.registerCallBack()

対応環境

Flash:Flash 8以降で作成されたSWF(AS2.0でスクリプト記述されたもの)
Screentime:3.0 / 3.0

記述例

STF.registerCallBack(commandName:String, function:String, target:String) : Void

パラメータ

commandName - STFコマンド名(例:"readString")

function - コールバック時にコールする関数。

target - コールバックファンクション内でthisとして使用されるオブジェクト。

戻り値

なし

説明

メソッド : このメソッドは、戻り値を持つSTFクラスメソッド用のコールバック関数の登録に使用されます。戻り値を持つメソッドは、非同期に実行されます。つまり、フレーム内のすべてのActionScriptが実行された後しばらくしてから実行され、完了することを意味します。登録されたコールバックファンクションは、戻り値をその引数として受け取ります。引数は、関連付けられているメソッドの戻り値の型と一致する必要があります

次の例は、現在のユーザーのGUIDを取得します。

var userID:String;

// callback function
onGetUserGUIDReturn = function(returnValue:String) { 
	userID = returnValue;
}

// register callback function
STF.registerCallBack("getUserGUID", onGetUserGUIDReturn, this); 

STF.getUserGUID();

関連項目

STF.unregisterCallBack()

ページトップへ戻る