STF.writeString()

対応環境

Flash:Flash 8以降で作成されたSWF(AS2.0でスクリプト記述されたもの)
Screentime:3.0 / 3.0

記述例

STF.writeString(fileName:String, textToWrite:String) : Boolean
パラメータ

fileName - ターゲットファイル名
パスが指定されていない場合は、WORKINGディレクトリが使用されます。

textToWrite - 書き込むストリング文字列

戻り値

Booleanオブジェクト ;
この値は、登録されたコールバックのパラメータとして返されます。コード記述の具体例については、以下の例またはSTF.registerCallBack()を参照してください。

説明

メソッド : 指定された文字列をファイルに書き込みます。ファイルの既存のコンテンツは破棄されます。

次の例は、"File.txt"の既存のデータを破棄し、文字列"hello"を書き込みます。

var success:Boolean;
onWriteStringReturn = function(returnValue:Boolean) {  // callback function
	success = returnValue;
}
STF.registerCallBack("writeString", onWriteStringReturn, this);  // register callback function
STF.writeString("File.txt","hello");		//write string

関連項目

STF.readString() STF.appendString()

ページトップへ戻る
前へ | 次へ