クイックスタート

Screentime for Flash V3では付属のAdobe拡張機能(.mxp)に含まれるScreentimeコンポーネントをFlaファイルの編集時に使用し、独自クラスSTFクラスを利用したコード記述を行うことでMacOSXおよびWindowsのAPIへの強力なアクセス機能を備えた、動的でインタラクティブなFlashベースのスクリーンセーバーを作成できます。スクリーンタイムV3がFlashに追加する機能としては、ファイルのダウンロード、エンドユーザーのコンピュータ上にあるファイルの読み取りや書き込み、アクティブな壁紙の設定、ショートカットの作成、固有のユーザーIDを作成および使用する機能などがあります。

Adobe拡張機能のインストール

これらの拡張機能を有効にするには、Screentimeのアプリケーションフォルダに含まれるFlash拡張機能パッケージ(.mxp)を、Flash 8 Professional以降のオーサリング環境にインストールする必要があります。Adobe Extension Managerを使用してインストールしてください。インストールが完了するとFlashの[コンポーネント]パネルにScreentime Componentsという項目が追加され、コンポーネントが利用可能になります。
また、ヘルプパネルにScreentimeというブックが追加され、ヘルプドキュメントとクラスリファレンス、STFクラスの記述時にコード補完が適用されるようになります。

コンテンツの制作

他のWebアプリケーションと同じように、Flashでスクリーンセーバーを設計します。STFメソッドを組み込んで、必要となるデスクトップ機能を実装します。スクリーンタイムのSTFクラスはActionScript2.0の構文に従います。それぞれのメソッドの詳細についてはオンラインヘルプおよびFlashのヘルプパネルで解説されています。Flashでスクリーンタイムのマニュアルを参照するには、[ヘルプ]パネルを開き、パネル左端のウィンドウにある[ScreenTime]をクリックして参照になりたい項目を選んでください。

Screentimeコンポーネントを使用したコンテンツの実装

※コンテンツの内容が純粋な"ムービー"、もしくはコンテンツ内で処理が完結するActionScriptのみの場合、以降に説明される開発は不要です。
SWFファイルをコンパイラからパブリッシュするだけでコンテンツの開発が可能です。


ScreentimeコンパイラのUI上から設定できる項目の他にコンテンツに機能を実装する場合にはSTFメソッドのコード記述とScreentimeコンポーネントを使用する必要があります。このコンポーネントは、[コンポーネント]パネルの[ScreenTime]フォルダにあります。 まずコンポーネントをドラッグして、ムービーの先頭フレームに配置します。FlaにScreentimeのアイコンが表示され、出力ウィンドウに[initializing ScreenTime component:]と表示されればそのプロジェクトでのSTFクラスの利用が可能となります。コンポーネントにインスタンス名を設定し、_visibleプロパティをfalseに設定してコンポーネントがスクリーンセーバ上に表示されないようにします。ムービーの先頭フレームはコンポーネントの初期化処理が行われますので、その他のコンテンツの機能や処理は2フレーム目以降に記述するようにしてください。
この値は、登録されたコールバックのパラメータとして返されます。コード記述の具体例については、以下の例またはSTF.registerCallBack()を参照してください。

ページトップへ戻る