STFクラスの概要

以下はScreentimeで利用可能なメソッドの一覧です。戻り値を持たないメソッドを除き、全てのメソッドは非同期で実行される為コールバックの関数として宣言し、実装、登録する必要があります。具体的な記述方法はSTF.registerCallBack()を参照してください。

Screentimeクラス:メソッド一覧

関連項目

STF.getPlayMode()

ページトップへ戻る