Screentime MacOS X版の使い方

Screentime MacOS X版の使い方をご紹介します。
現行の最新版ではWindows版Mac版でのUIや、インストーラに含める画像などのファイルタイプが異なるため、双方のバージョンをお使いになる場合にはコンテンツの作成前にMacOS X版(本ページ)とWindows版(次ページ)双方のUIの説明をお読みください

スクリーンセーバーをセットアップする - [CONTENT]タブ上での設定項目

ここではセーバーコンテンツの設定を行います。 Screentime for Flashを起動します。初期状態ではまず[コンテンツ]タブが表示されています。

mac版UI_01

コンテンツSWFの指定

ウィンドウ上部の"スクリーンセーバーに使用するSWF"の下のフィールドにSWFファイルをドロップするか、右のボタンからファイルブラウザを開いてSWFを選択します。
選択可能なSWFファイルはAS2で作成されたパブリッシュバージョンFlash8までのSWFファイルです。

スクリーンセーバー名の指定

プロパティ画面で表示する名称を入力します。ここでの入力結果はインストーラのアプリケーションメニューのメニューラベルと、システム環境設定>スクリーンセーバでの項目名として使用されます。

Windows、MacOSXでの表示の差違:

WindowsXPの画面設定上のスクリーンセーバーリストではでは全角17文字が表示限界となります。MacOSXシステム環境設定では全角9文字が表示限界となり、10文字目は[…]表示となります。

追加する外部ファイルの指定

xmlやjpgといった種々の外部連携ファイルをコンテンツに使用する場合はこのUIより外部ファイルを追加します。 ここでの指定によりパッケージされる全てのファイルはセーバー名/Contents/Resources/追加したファイルに保存されます。このパスはSTF.getSpecialFolder("WORKING")で参照可能です。

セーバの復帰方法

スクリーンセーバの終了方法をマウス入力/キー入力のうちから選択します。終了処理をメソッドSTF.quit()を使用して上記以外のイベントハンドラに終了処理をアサインする事も可能です。その際はこのチェックボックスを外してパブリッシュします。


スクリーンセーバーをセットアップする - [環境設定]タブ上での設定項目

ここでは環境設定の設定と、コンテンツの有効期限設定を行います。

mac版UI_01

システム環境設定に使用するSWFを選択

システム環境設定>スクリーンセーバ>オプションで表示されるSWFを指定します。
この画面のサイズはW480*H270ピクセルです。コンテンツに使用するSWFをそのまま使用した場合SWFは"showAll"で配置されますので余白が生じます。

有効期限

スクリーンセーバーに有効期限を設定する場合は、[有効期限を設定]ボックスをチェックし、以下の操作を行います。 特定の日付に有効期限が切れるようにする場合は、日付で指定を使用して日付を指定します。 エンドユーザがスクリーンセーバーをインストールしてからの期間で有効期限を指定する場合は、日数で指定を使用して日数を決定します。

有効期限終了後の代替SWFを指定する

デフォルトでは期間終了後は"スクリーンセーバーの有効期限が切れました"というメッセージが表示されるだけのSWFが使用されます。別のSWFを使用する場合はここからファイルを選択します。使用できるSWFはコンテンツに使用できるSWFのバージョンと同じです。


スクリーンセーバーをセットアップする - [インストーラ設定]タブ上での設定項目

ここではインストーラに使用するSWFと関連ファイルの設定を行います。

インストーラ設定

インストーラの種類を選択

Screentime3.5以降では通常のインストーラの他にインストーラ画面を表示しないQuietインストーラを作成する事が可能です。このタブでの設定ではまずインストーラの種類を決定します。Quietインストーラを選択した場合、このタブでのその他の設定項目はカスタムインストーラアイコンの指定のみです。

インストーラウィンドウに使用するSWFを選択

インストーラウィンドウ上に表示するSWFを指定します。この画面のサイズはW480*H270ピクセルです。コンテンツに使用するSWFをそのまま使用した場合SWFは"showAll"で配置されますので余白が生じます。

使用許諾契約書/ReadMeのパッケージ

Screentime3.5以降ではWindows版同様使用許諾文とReadMeをインストーラに含める事が可能になりました。パッケージできるファイルはBOM付きのUTF-8テキストファイルです。

インストーラアイコンの指定

インストーラアイコンの指定を行います。使用したいサイズの画像を単一の.icnsファイルに作成し、ここでファイルを選択してください。


スクリーンセーバーをセットアップする - [パブリッシュ]タブ上での設定項目

ここではインストーラのパブリッシュオプションなどを設定します。

パブリッシュ タブ

インストーラを保存

ここからインストーラの保存先とファイル名を決定します。デフォルトではコンテンツに使用するSWFの名称が付けられています。インストーラの拡張子は.appとなります。

FlashPlayerのパッケージ

セーバーの再生用に任意のFlashPlayerをパッケージすることが可能です。デフォルトでは開発元が推奨する8r27と9r45の2つを選択可能です。プラグインを増やす場合はScreentimeのアプリケーションフォルダのFlash Players/Macフォルダにプラグインを保存します。

mProjectorコマンドをコンパイル

mProjectorのコマンドをSTFから利用するにはこのオプションをチェックします。現在はご利用いただけません。ご了承ください。

トレースの省略

デバッグ時に出力していたトレースを全て省略してコンパイルします。最終ビルドの完成時にメソッドSTF.ebableAutoTrace=false;でオートトレースを切ることも出来ます。

パブリッシュ前に保存

パブリッシュを実行する前に必ずプロジェクトファイル(セーバー名.sptx)にコンパイラの設定項目を保存します。

パブリッシュ後インストールを開始

パブリッシュ後にインストーラを実行します。最後にパブリッシュしたインストーラは右のアイコンから起動することができます。

パブリッシュ後トレースビューワを起動

パブリッシュ後Screentimeのトレースが出力される"コンソール"を起動します。

インストーラをzip圧縮

インストーラをMac OSXデフォルトアーカイバでzip圧縮します。

ページトップへ戻る