スクリーンセーバーの復帰処理

スクリーンセーバは、基本的にマウス入力またはキー入力で終了しますが。その他のイベントに対して終了処理を与えたい場合はScreenTimeコンパイラ上での終了処理のチェックをすべて外し、コンテンツの設計に応じて以下の方法で終了処理を実装します。

終了処理を行うSTFメソッド

STFクラスには処理に応じていくつかのメソッドが存在します。これはWindowsにおいてスクリーンセーバー再生中はセーフモードでOSが実行されるため、セーバーコンテンツ内からブラウザなどへ処理を渡した際に安全に復帰する為のものです。

関連項目

STF.quit() STF.quitSafe() STF.launchAndQuit() STF.forceUserLogOff()

ページトップへ戻る