Screentime拡張機能の使用

Screentime for Flash に付属のAdobe拡張機能(.mxp)に含まれるScreentimeコンポーネントと独自クラスSTFクラスを利用したコード記述を行うことでMacOSXおよびWindowsのAPIへの強力なアクセス機能を備えた、動的でインタラクティブなFlashベースのスクリーンセーバーを作成できます。スクリーンタイムV3がFlashに追加する機能としては、ファイルのダウンロード、エンドユーザーのコンピュータ上にあるファイルの読み取りや書き込み、アクティブな壁紙の設定、ショートカットの作成、固有のユーザーIDを作成および使用する機能などがあります。

Screentime拡張機能のインストールにおける問題

Adobe Flashへの拡張機能のインストールフォルダが[en(英語版OS用フォルダ)]に設定されてしまう事により、拡張機能が認識されない問題が報告されております。
詳しくは こちら(Adobeサポートページへ移動します)をご確認ください。

Screentimeヘルプ:索引

Screentimeクラス:メソッド一覧

ページトップへ戻る
前へ | 次へ