ソフトウェアアップデート

弊社製品の最新版における新機能をまとめました。
お持ちの製品のアップグレードをご希望の際は、ユーザーボックス よりログインID(シリアル番号)とパスワードを入力の上、「アップグレード」ボタンからお進み下さい。
ScreenTime for Flash
最新バージョン
3.2.1J 新機能の一覧(Windows版)
3.6.2J 新機能の一覧(Macintosh版)
ScreenTime for Flash Windows版
version 3.2.1J (2006/8/30 リリース)
Flash 8で作成されたSWFファイルへの対応
(Flash Video、ビットマップエフェクト等の新機能をサポートいたします。)
セーバー上からPCのローカルファイルへアクセスが可能
(ローカルファイルの読み書き、コピー、削除、フォルダ作成、ファイルリストの取得が出来ます。)
リモート接続に対応
(XML/RSS/JPGの取得・保存等が可能になりました。)
ローカルネットワーク経由でのスクリーンセーバーのインストールが可能
(Windows版のみ)
設定用SWFファイルを作成することでスクリーンセーバーの速度、テキスト、リンク先等の設定が可能
STFコマンド※の採用により、WindowsとMacintosh双方のデスクトップAPI機能を一つのコード/SWFファイルで利用可能
(STFコマンドのコードヒント/ヘルプ辞書をスクリーンタイム拡張パッケージにより提供します。)

※STFコマンド(STF Command)とは、ActionScript2.0に準拠したスクリーンタイム独自コマンドです。クロスプラットフォームに動作するコマンドで、Win/Macそれぞれのスクリーンセーバーに様々な機能を一つのSWFで実現することが可能になります。
BACK TO TOP
version 2.6.0J (2005/8/3 リリース)
SWFから直接変換
(プロジェクタを作成せずにSWFファイルから直接スクリーンセーバーを作成できるようになりました。)
フルスクリーンのサポート
(FSコマンドを使用せずにフルスクリーンで再生が可能になりました。)
各種画面のカスタマイズ
(プレビューモニタ・アイコン・設定ウィンドウ等カスタマイズできる範囲が広がりました。)
WEBリンク機能の強化
(設定ウィンドウからWEBに直接リンクをすることが可能になりました。)
インストーラのカスタマイズ
(インストーラに表示される画面のカスタマイズが可能になったほか、テキストファイルのオープン等の機能が追加されました。)
FLASH MX 2004への対応
XML読み込み等での問題等各種バグフィックス
BACK TO TOP
ScreenTime for Flash Macintosh版
version 3.6.2J (2009/4/27 リリース)
Screentime本体をmProjectorをベースに開発、実装
IntelCPU、OS10.5(Leopard)のサポート
カスタムインストーラ画面・設定画面をSWFを用いたものへ変更
プロジェクトファイルの保存
Quietインストールの追加
絶対日付での有効期限設定の追加
インストーラへのReadMe、使用許諾契約書のバンドル機能の追加
Flash® Playerのバンドルをサポート
インストーラのzip圧縮の追加
カスタムアイコン設定の追加
種々のバグフィクス


※STFコマンド(STF Command)とは、ActionScript2.0に準拠したスクリーンタイム独自コマンドです。クロスプラットフォームに動作するコマンドで、Win/Macそれぞれのスクリーンセーバーに様々な機能を一つのSWFで実現することが可能になります。
BACK TO TOP
version 3.2.3J (2006/8/30 リリース)
Flash 8で作成されたSWFファイルへの対応
(Flash Video、ビットマップエフェクト等の新機能をサポートいたします。)
Intel Macへのサポート
(Macintosh版のみ)
セーバー上からPCのローカルファイルへアクセスが可能
(ローカルファイルの読み書き、コピー、削除、フォルダ作成、ファイルリストの取得が出来ます。)
リモート接続に対応
(XML/RSS/JPGの取得・保存等が可能になりました。)
設定用SWFファイルを作成することでスクリーンセーバーの速度、テキスト、リンク先等の設定が可能
STFコマンド※の採用により、WindowsとMacintosh双方のデスクトップAPI機能を一つのコード/SWFファイルで利用可能
(STFコマンドのコードヒント/ヘルプ辞書をスクリーンタイム拡張パッケージにより提供します。)

※STFコマンド(STF Command)とは、ActionScript2.0に準拠したスクリーンタイム独自コマンドです。クロスプラットフォームに動作するコマンドで、Win/Macそれぞれのスクリーンセーバーに様々な機能を一つのSWFで実現することが可能になります。
BACK TO TOP
version 2.5.1J (2005/11/8 リリース)
OS10.4(Tiger)環境で再生した場合、スクリーンセーバーの終了「マウス入力」オフ機能が動作しない不具合を修正しました
SWFから直接変換
(プロジェクタを作成せずにSWFファイルから直接スクリーンセーバーを作成できるようになりました。)
フルスクリーンのサポート
(FSコマンドを使用せずにフルスクリーンで再生が可能になりました。)
OS 10.3 のフルサポート
(OS X 10.3 に対応したスクリーンセーバーが作成可能です。)
インストーラの作成
(スクリーンセーバーのインストーラ形式で作成されるようになりました。)
設定画面のSWF化
(設定画面をSWF化したことにより、Macintosh版でも様々な設定が保存できるようになりました。ボリュームの調整やスクリーンセーバー上の様々なパラメタの調整が可能です。)
FLASH MX 2004への対応
(OS X上の設定画面からスクリーンセーバーの削除が可能になりました。)
BACK TO TOP
スクリーンセーバー・壁紙 簡単作成ツール
Flashベースの
スクリーンセーバー作成
ご購入(スクリーンセーバー作成)
Home ScreenTime for Flash SWF Desktop 購入 スクリーンセーバー作成・製作方法 FAQ お問い合わせ 会社情報 プライバシーポリシー